ホームへ

ロータス 1-2-3 の Windows VISTA および Windows 7 への対応について

2010年現在、Windows 7(32ビット版)で、1-2-3 2001をインストールしてみました。
インストール、起動、動作等、今のところ問題なく使えています。
Win7 32bit版限定ですが、Pro版なら2019年まで、その他でも5〜6年は使えそうです。
注:Windows 7 には Ultimata、Professional、Home Premium があり、それぞれ32ビット版と64ビット版があります。64ビット版のWin7で、1-2-3 2001 の使用はできないことになっていますが、Ultimata や Professional では32ビット版のWinXP Pro を仮想マシン上(XPモード)が使えるようになっています(無料だけどインストールが必要)。なので、こちらに1-2-3をインストールして使うこともできますが、動作が不安定になる可能性もありますから注意してください。

また、Windows Vista については・・・以下を参考に

LOTUS(ロータス) 1-2-3 2001、Approach 2001、 Freelance 2001、 Organaizer 2001 などを含めたものを日本ではロータススーパーオフィスと呼んでいますが、アメリカでは SmartSuite といいます。 IBM がその版権を持っていますが、Windows VISTA(ウインドウズ ビスタ)の対応について発表しています。その直訳の一部です。

IBM/ロータスProduct Developmentは、SmartSuite9.8とOrganizerがWindows2000とXPプラットホームにおける6.1のアプリケーションであるとサポートし続けます。パスポートAdvantage顧客はそれらのPassportAdvantageウェブサイトから最新のフィックスパックをダウンロードするかもしれません。

見通し:
最も新しいウインドウズ・オペレーティングシステム(Vista)はともに32ビット(x86)の、そして、64ビットのバージョンでリリースされています。

-- SmartSuiteかOrganizerをVistaの32ビット(x86)のバージョンに実行するとき、どんな主要な互換性の問題も報告されていませんが、これらのアプリケーションはVistaプラットホームのIBM/ロータスProduct Developmentによってサポートされません。

-- 64ビットのバージョンVistaはレガシーコンピュータ・コードのためにSmartSuiteとOrganizerの中に適切な機能性を許容しません。 SmartSuiteかOrganizerをVistaの64ビットのバージョンにインストールしないでください。

SmartSuiteとOrganizerユーザはどんなVista相互運用性も扱うべきです、そして、直接以下のマイクロソフト技術援助課への機能性関心はリンクされます: http://support.microsoft.com/

現在、SmartSuiteかOrganizerのVistaコンパチブルバージョンをリリースするProduct Developmentによる計画が全くありません。

要約すれば、「32ビット版のVISTAにインストールで、今のところ問題は報告されていないが、問題が生じてもサポートはしないのでマイクロソフト社にクレームを付けること。
64ビット版には、インストールしないこと。」ということです。

つまり、32ビット版VISTAにはインストールはできるし、どうにか使えるかもしれないかも、というような情報のようですね。

PS:情報を提供された方、ありがとうございました。

ホームへ