ホームへ

地球の全生命が西暦2199年に絶滅の危機?

この予想は、思ってもいなかったところから始まった。

私はたいしたスキルは無いがパソコンの講師をしたり、友人、知人に教えた経験がある。
ところが、多くの人々がパソコンが難しいというのだ。
え!パソコンが難しい?そんなはずは・・・だれもが簡単に使えるはずなのだが・・・
私は約30年間パソコンが難しいと思ったことがなかったから。
だから、とても違和感を感じていた。

なぜ?

送受信機の回路を勉強したことがあるので、パソコンも大まかに理解しているが、それが原因とは思えない。
で、他はプログラムだ。

パソコンを使い始めた頃は8ビット機で、その頃はBASIC言語ツールか、バイナリエディタしか内蔵されていなかった。
コンパイラーを所持していなかった私は、雑誌などに掲載されているものをこれらのツールでキーボード入力して使っていた。
特にバイナリエディタ(2進法で編集するものという意味)だが、実質には16進法による入力(0~9、A~F)を使ってチェックSUM しながら FF 1Fなんて延々と入力していた。ゲームとか音楽であったりだった。
3台目以降の8ビット機のPCやポケコンでBASICで簡易なデータベースソフトも作ったりした。

だからパソコンが難しいという人々は「プログラムを作った経験が無いから」だろうと思うようになった。

他にもプログラムという言葉をないか探してみた。まず最初は運動会のプログラムだった。
そう、プログラムとは処理の実行手順書だから。だが、DNA遺伝子もプログラムだということを思いだした。

DNAが創りだした人間や動物は音波を使った通信機能を持つものがある。
パソコンも通信機能を持つという共通性がある。そう思った瞬間に無線LAN通信もあるではないかと。

若いころのある夏の日の船上でのこと。急に胸が重くなった直後、頭の中を祖父の声がし「爺ちゃん逝くよ」って言うような言葉がよぎったのだった。

数十分後、祖父の家に行ってみると母や親戚の人が集まっていて、祖父が病院で亡くなったことを知らされた。入院を知らなかったのだが・・

祖父の突然の訃報より、人間、死ぬ間際にはこんなことが出来るんだ!ってことの方に驚いた。
だから人は「胸騒ぎ」とか「テレパシー」という言葉は経験上のことだと。

まてよ?疑問だったことも解決するのでは?

昆虫と花である。昆虫と花は共生関係にあるが、花はどうやって昆虫たちに蜜があることを昆虫に伝え、昆虫が蜜を吸うように進化させたのかという疑問が解けるのだ。
つまり、DNAは蜜を出す花と蜜を吸う昆虫とを無線通信によって同時進行的に進化させたのではないかと。

DNAは非常に優秀である。人間を作ったのはDNAであるのだから、パソコンを創りだしたのもDNAだといえる。このDNAにパソコンごときもので出来ることをDNAに出来ないだろうと考える方に無理があるくらいだ。

これにさらなるプログラムがある。それが検索と集計機能だ。これがあると思ったのは女性より男性の方の出生率が微妙に高いことである。
このプログラムにより、小学校で数十人のどのクラスも男子生徒のほうが多いというのも一定範囲の無線通信による検索と集計結果とで男女の産み分けが行われていると思われるのだ。
これも少なくとも「確率」でないことは明らかだから。確率なら、子供が4人とも女とかが普通に発生するのに、小学校のクラスメートの比率が同じなんてことはありえない。

少なくとも雌雄の比率が同じ生命体はすべてこうした機能を持つと思われる。

生命のプログラムは通信によって連結していて、共生とか食物連鎖になっているのではないかと。

突然だが経済の話をしよう。経済といえば難しそうだが簡単にいえばお金のことである。お金とは「自己や家族のための生命を維持するために働いた価値(労働価値)を他人と交換する道具であり、収入があれば増加し、支出すれば減少する」もの。

労働価値は格差を生じさせるという一面をもつ。

例をあげてみよう。となり町から年に100円の品物を300日間1万人の人が買ったとすると、自分の町から300万円のお金が無くなり、となり町は逆に増加する。

そうすると自分の町に一人分の雇用が失われ、となり町は増加する。

具体的なことを言えば、マイカーである。車を作っている地域は限られているので作っていない町は沢山のお金が町から失われていく。

加えて田舎と都会とでその格差が大きいのである。マイカー所有率が日本一低いのは東京である。私が車の保険を扱っていたことで知ったことである。

田舎では父母と子供夫婦がそれぞれ一台なんてのは珍しくもない。それが都会では余程の大金持ちでもなければ公共機関を使うからだ。

マイカーの所有率の多い田舎ほどお金が少なくなり、都会では公共機関なのでお金が外部に出て行かない。だから、格差が拡大していく。

日本列島改造計画によって、いたるところが舗装されるようになりマイカーブームが到来すると、あっという間に格差が加速していった。
田舎の高齢化率が増加し、近年の町村合併の原因となってしまった。

経済格差は、自殺者を生むようにもなる。日本の自殺者は年間3万人、交通事故死の6倍もにもなっている。
江戸時代の頃と比較すると、格差は凄まじく、小さな国の国家予算くらいのお金を持っている企業すらある。

可能にしたのは、人口増加。江戸時代の日本の人口は1000万人、今の10分の1以下である。
世界人口も西暦1800年ごろは推定10億人、2013年は72億人といわれているのである。
DNAは人間の数を増やすことで経済格差が生じやすいようにしたといえる。

ここで疑問が発生する。なぜ超優秀なプログラムDNAがこんなことをするのかである。

お金について時代をさかのぼってみる。

地球に大革命が起こる。それが農業。

農業が始まった頃は家族かまたは親戚などを含む集落分の収穫量であったろう。が、やがてそれ以上のものが収穫できるようになる。

すると、農機具を作る専門家が登場する。やがて、他の集落との物々交換も始まった。さらに広範囲な交換も行われるようになると流通のプロも登場するようになる。ここでお金が必要になってくる。

やがて、お金などの資産を増やそうと兵士が現れたり、政治家や医師なども登場する。

そう、農業があって初めてお金とプロフェッショナルが登場出来るし、サラリーマンも高度な農業がなければ存在できない。

この農業が行えるのは、DNAが野菜や穀物などの草をあらかじめ準備しておいてくれたおかげだが、もっと重要なものがある。
それが土!

土はこの地球に最初からあったものではない。動植物の死骸などをバクテリアが分解してとてつもない時間をかけて創りだされたもの。

まだある、火を扱うのに抜群の比率で空気中にある酸素を創りだしたのも、シアノバクテリアや植物によるもの。

農機具とかの工業製品などに必要な鉄の元になる鉄鉱床は、地球創世記からまもなく登場するバクテリアがイオン化していた鉄を鉄鉱床に変えたという。

DNAはものすごく遠い未来に人間が登場し、農業を始めることを計画していたかのようである。

そう、DNAは最初から未来が分かっていた。私達のまわりを見てもらいたい。

石炭、石油、天然ガスはいずれも化石燃料。つまりDNAが創ったもの。
家屋の木材はむろんDNAだが、ビル建設に必要な石灰も地球上のその石灰岩の半分はDNAが創ったものという。

偶然が重なって今があるなどと思考するにはあまりにも不自然である。
最初から計画通りにすべてのことを実行してきたと考えたほうが自然。

計画通りといえば・・
日本の歴史の中にある不自然さがある。
例えば、信長、秀吉、家康の順の死である。

時は戦国時代。同じ時代に生きているのだけれど、だれが先だって構わない。けれどもこの順になっている。

おかげで日本は300年近く平和な時代が続く。だが、それだけではない。
この3人のおかげで、日本は宗教が兵士を持たず、政治への影響力を減少させ、庶民が武器を持たず、税制もある。

特に、徳川幕府の政策により、寺子屋制度の実施によって、江戸時代に世界的にトップクラスの識字率70%となった。

このことが、明治時代に突入後、たった数十年でゼロ戦や戦艦大和を製造できる要因になったのだった。

日本は不思議な国である。
識字率が高かったのも、世界では珍しい平仮名とかカタカナなどによる振り仮名という文字文化を持つからだろう。

でも、元から攻められたり、江戸時代末期、欧米から植民地化されなかったりしたとも不思議なのだ。

ロシアのバルチック艦隊撃破などあまりにもラッキーすぎるし、原爆や焼夷弾を投下し沢山の民間人の命を奪ったアメリカと今は仲良くしている、これって不自然では?

若いころの労働講座の中で、大学教授が「人類は戦争によって技術を発達してきた。例は缶詰」と。私は「うん?缶詰かい(汗)」て笑った記憶がある。

が、それはとても重要なことを彼は告げていたと今は思う。

西暦1858年、通商条約(安政五カ国条約)を江戸幕府はアメリカ合衆国、ロシア、オランダ、イギリス、フランスと締結する。いわゆる不平等条約である。
このことが日本を富国強兵に走らせることになる。

だが、この条約に参加した人々がまさか数十年後、自国相手に戦争するとは夢にも思ってもいなかったろう。

そう、アメリカは自国の真珠湾や植民地であったフィリピンを、イギリスは植民地であったビルマ(現在のミャンマー)を攻撃されるなどである。

日本は当然敗戦するが、その後の奇跡的な戦後復興などは、東南アジア全体に独立運動が起こるきっかけとなっている。
第2次世界大戦以前は、圧倒的に白人優位の世界であったのだが、有色人種の一国の日本の無謀と思える戦争によって、有色人種の意識が根底から変わったのである。

結果、今日の東南アジア諸国の技術レベルが格段に上がることになった。

ただ、それが明治以降の人々の努力だけではなく、徳川家康が江戸幕府を開き、その政策もこれに影響していることも忘れてはならない。つまり、歴史はすべてが繋がっている。

大戦後、朝鮮戦争、ベトナム戦争が勃発する。これが戦後復興を加速させる要因の一つになっているのもそう。

アメリカを見てみよう。大戦後、世界に共産主義国家が誕生する。
特に、ロシアを中心とするソビエト連邦とアメリカは対立することになる。米ソ冷戦時代という。

やがて、ソ連がキューバに核ミサイル配備しようとする、つまり、キューバ危機。
すわ、第3次世界大戦か!と騒がれたのはケネディ大統領の時代である。

そんなソ連が、人類初、宇宙空間に人を送り出す。その名は「地球は青かった」で有名になったガガーリン。

23日後の1961年5月5日、フリーダム7でアラン・シェパードを宇宙へ送り込んだが、これはわずか十数分間の弾道飛行に過ぎなかった。

アメリカ人はものすごく悔しがった。それがケネディ大統領の「人類を月へ」計画になる。
そして国民から愛されたままケネディ大統領は暗殺され、その後、人類を本当に月に送ってしまうのである。

グローバル経済を加速させているものにインターネットがあるが、これは米ソ冷戦時代の核戦争の危機があり、その時の通信網確保するために開発されたのが、インターネット。

そのためか、IPvr4のグローバルIPアドレスは、今は中国が世界2位だが日本が2位だったこと、韓国も台湾も人口比にすれば多い理由と思われる。

米ソ冷戦もなく、ケネディ大統領の人気下降後の引退とかだったら、人類は未だに月に行っていないかもしれないし、インターネットも無いかもしれない。

別のことを考えてみよう。
人は何故病気をするのかである。それも数万とか数十万とかいわれる種類の病気になること。

なかでも、RNA型はウイルスと呼ばれ、インフルエンザ、狂犬病、黄熱病、デング熱、C型肝炎ウイルス、狂犬病ウイルスなどなど。
他にもコレラとかペストなどの伝染病もある。

なぜ優秀なDNAプログラムがこうしたものに対抗できないのか。
というより、人間にあえて沢山の種類の病気になるようにしているのでは?
だから、人間がDNA研究という高度な技術を持つようになったのではないかと。

以上のように羅列したことをまとめると、DNAの目的が見えてくる。
それはDNAプログラムの他の惑星への移住だ。

パソコンにも寿命があるように、地球も生命が住める期間にも限りがある。
だから、DNAたちは他の惑星へ移住しようとしていると。

だから、第2次世界大戦で5000万とか6000万とかいわれる人間を犠牲にしてでも、宇宙開発に必要な技術や生命分析を加速させたのではないか。
そう考えると、人間だけが月や星、地球の歴史に興味を持ったり学問したりすることが理解できるのである。生命維持だけなら無関係なことであるのだから。

DNAが移住問題は何時なのかだけである。

生命は38億年前に登場したという説があり、太陽は63億年後に赤色巨星に変化を始めるという説があるので、20~30億年後には生命が住みにくい状態になると考えられているという。

すると、人間が最長120年生きられると比較するとDNA年齢は70歳くらいに相当する。
パソコンが最長12年使えるとして7年もすれば買い替えみたいなものだと。
だとすると、もうぼつぼつDNA乗り換え時期としておかしくない。

他の理由も。

生命誕生間もない頃イオン化していた鉄を大量のバクテリアたちによって作られたという鉄鉱床も、後200年ほどで掘り尽くされるだろうと予測されている。少なくとも1000年以上は続かないだろう。
同じことが化石燃料についてもいえる。千年は続かないだろう。たぶん200年ほどでほぼ終わるのではないか。

この時期に、宇宙戦艦ヤマトが発進する2199年とイメージがダブルのだ。

アニメ宇宙戦艦ヤマトは、もちろん架空の物語ではある。が、DNAが書かせたものでもある。同じようなものに、桃太郎がある。
ずいぶん前、アメリカの宇宙船は帰還すると海に着水していた。まさに桃から生まれた桃太郎のようにドンブラコと浮いていたのである。
竹取物語のかぐや姫は竹の中から現れるが、これとて今の新幹線やロケットの中に人がいる光景そっくり。偶然か?

否、物語は超優秀なDNAにより書かれたもの。偶然のはずがない。

たどり着くのがノアの方舟の物語。

ノアは神様のお告げで家族や動物たちを船に載せ、大洪水からの難を逃れる物語。これが未来の地球と重なる。

では、実際の未来のノアの方舟に必要な物はなんだろうか。

それは、人間が知り得た知識や情報をデジタル化したもの。特にDNAプログラム。それとロボット。

宇宙船に鯨やゾウを搭載するかといえば否である。むろん数万人の人間とかも無理である。
だが可能な方法がDNAプログラムである。現地でDNAプログラム情報からクローンを創造すれば良いのだ。これなら、人類が知り得た動植物すべてを連れて行くことが出来るのだ。

それらを再生させるには高性能ロボットがあれば良い。
まずはロボットがロボットを作成させておき、沢山のロボットができたら彼らに再生させれば良いのだ。

それに人間たちの脳の記憶などもデジタル化していれば、現地で完全再生させることも可能だ。

ノストラダムスをはじめ人類の危機を描いた映画やアニメ、漫画などがある。
特に第2次世界大戦後にたくさん描かれているように思われる。

したがって、西暦2200年頃にはDNA移住に必要な技術が確立されている確率が非常に高いため、このころに地球に非常な危機が訪れる可能性が高いと考えるのである。

その原因の予想はつかない。巨大隕石か核戦争か、はたまた宇宙人からの攻撃か不明である。
ハルマゲドン(アルマゲドン)とか、日本は世紀末という言葉を人が持っていること。
いずれは地球に重大な危機が訪れると予想している人々がいること。

なので、DNAは近い未来に移住するだろうと考えるようになったのである。

ところで、さらなる問題に気づいた。
これが、過去に数度あったといわれる生命の大量絶滅。

原因の一つに巨大隕石といわれているものもある。

だが、原因はともかく、お陰で人間が住みやすい状態になって登場するようになるのである。

パソコンにプログラム(ソフトウエア)は不可欠であるが、そもそもパソコンというハードウエアがなければ存在しえないのである。

そう、地球がなければ生命は存在しない。

そう思っていたら、量子コンピュータなるものを発見。
パソコンとはケタ違いの計算力があるという。

地球の生命体は、DNAなどのプログラムで作成されたものとすれば、地球は、量子プログラムによるものではないだろうか?

すると、太陽の大きさ、地球との距離が抜群なこと。加えて地球ではプレート移動によって地震や津波、火山噴火なども非常に正確にプログラミングされた結果ではないか。

月は1年あたり3.8cmずつ遠ざかっているらしいが、人が誕生している時代に、皆既日食と金環食の両方が見える位置となっていること。

また、地球に強力な磁場があり、太陽風から生命を保護していること。

月や太陽と地球との位置関係や大きさなども抜群なうえ、木星は隕石(小惑星群)の地球への危機を救ってくれるガードマン的な役割を持つし、火星は人が搭乗した宇宙船の離着陸可能な惑星。

こうしたことを総合すると、偶然の積み重ねとはとうてい考えにくく、地球、太陽、月などのハードウエアもDNAなどの遺伝子と連動しているのではないか。

こうしてパソコン絡みで思考すると、もっと別なことがある。それは、ハードを作る人(技術者)、ソフト作る人(プログラマー)、使う人(ユーザー)とがいることである。

神様がいると信じている人々が多数いる。
私は信じない方だが、宇宙を作り、そこに生命を誕生させさらに進化させるにはプログラマーやユーザーがいる可能性も。
だから、DNAは宇宙を創った神様がいると人間たちが考えるようプログラムしているのではないか。

荒唐無稽な思考かもだが、可能性はゼロではないと。

なぜ歌手や芸人がいるのか、小説とか漫画とかがあるのか。日本人は何故カメラが好きなのか。パソコンやゲーム機のゲーム好きがいるのか。

すべてがテレビやパソコンなど電子機器の普及に役だっているから。そう、テレビに歌、ドラマ、アニメが無くニュースだけなら、ほとんどの人は買わない。私はゲームが無いパソコンは買わない(;^ω^)

2012年の9月に、「エンコード計画チームが(ヒト)ゲノムの働きを詳細に調べたところ、80.4%が、生きていくのに必要なタンパク質を、必要な場所・タイミングで作るよう、遺伝子に指示するスイッチの役割などを果たしていることがわかった。」とある。

逆に言えば約20%は判明していないみたい。だけれど、全てのヒトゲノムのことも後200年を待たずに判明するかと。

私は学生の頃から逆方向思考があった。
とりわけ数学がそう。
たとえば、99*99 という計算は暗算で答え一発 9801。
そもそも掛け算は小学生の頃は面積を出すために多く使われていた。

なので、100*100を頭で想像すれば 99*99 は縦横それぞれ100ずつ引いたものに重複する部分の1を加えれば良いのだ。だから暗算でできる。

応用すれば 999*999 だって 98001 も一発である。
これは他にも応用出来る。

パソコンの場合、教えてくれる人が身近にいなかった。頼りは書籍。
でもコンピュータ用語が分からない。

英語が大の苦手の私は、カタカナから英単語を想像し、辞書で意味を調べ大体の理解をするようにしていた。
これらとBASICツールによるプログラミングを行っていたからか、パソコンでことさら困ったという経験が30年以上無かった。

そう、逆方向に思考すると分かりやすいことがあると昔から思っていた。

ただ、本当に難しいと長年思っていたのは、数学である。
数学の基礎は1+1だろうけど、その前は、123であり、さらには、ひとつ、ふたつ、みっつである。けれどもそれより前は 数の概念という領域になってしまう。

人間が何故、数の概念という高度な知識を持っているのか謎だったのである。
このことも、DNAがとてつもないプログラムであると思うのであった。

この記事を考え始めたのは3年以上前のこと。
でも、内容は単にパソコンのプログラムとDNAプログラムの機能が似ているといったことだけだった。
何度か書き直しているうちにこんな記事になってしまった。

2013/10/7 補記
ハルマゲドンが起こる可能性の追加

国債というとんでもない仕組みを日本をはじめいくつもの国々で扱われている。

そもそも、公共事業や福祉事業などは税金の範囲内で行わなければならない。
ところが、税金で不足する分を国民から借金して行っているのが国債。

何が問題なのかというと・・
借金すれば返済しなくてはならない。これは当たり前のことである。

一般的にいえば、借金したら、企業や個人は働いて得たお金で利子を付けて返済する。
ところが、国に返済するための仕組みが無いのである。そう、商売しているわけではないからである。

いや、昔はあった。国鉄、電電公社、郵便局などの国営企業であるが、今はそれもない。

財務省の資料によると、予測だが平成25年度末には約750兆円、つまり赤ちゃんから高齢者すべての人の平均569万円というとんでもない借金をしているのである。

これを税金で賄うと、国民全員で一人ひとりが569万円もの税金を支払わなければならないのだ。
いずれ破綻することは見えているにも関わらず、こんな暴挙を行ったのか?

財務省にグラフがあるので参照してほしい。昭和40年台からそのグラフは始まっているが。初期の頃は大した金額でないが昭和50年代ぐらいから増加を始めている。

昭和40年代はインフレの時代だった。私が郵便局に入ったのは昭和42年。初任給2万円であったが、みるみるうちに賃金は上昇していった。労働組合が強かったという理由もあるだろうが、すさましい貿易黒字だったのが最大の原因である。

昭和40年ころの定額貯金の金利は、3年以上経過すると6~8%の半年複利。8%の利率だと10年預けると100万円が220万円近くにもなるという時代だった。

そう、その時代は賃金や貯蓄は増えるものというのが常識だったのである。

インフレ、つまり物価上昇中は借金が有利になる。例えば100万円の現金を持っていたとすると、10年で物価が2倍になればその現金の価値は50万円になってしまう。逆に借金100万円して、10年後に利子90万円も支払ったとしても物価は2倍なので200万円に相当するものになる。
代表的なものは土地だろう。
10年後に200万円になるだろう土地を100万円借金し90万円も利子を払っても得ということになる。

だから、私もテープレコーダーやステレオ装置、カメラなどなど手当たり次第にローンで購入したものだった。

だが、貿易黒字は続くはずがない。やがてアメリカから輸入車の制限がかかったり、スーパー301条などをちらつかされることとなり、自動車産業その他の企業が海外へ進出するようになっていく。

自然に貿易黒字は縮小していく。つまり、インフレからついにはデフレ状態にまでなってしまったのだった。
現在は、何と貿易赤字になっている。

それにしたがって公債残高は爆発的に増加することとなる。
なぜなら、借金すれば元金はもちろん利子を付けて支払う必要があるからだ。

今ほど膨大な借金状態になれば、利子の分だけでも莫大な金額となり、雪だるま式に増加中なのである。

年金も同じことがいえる。昭和36年(1961年)が始まりだったと記憶しているが、これもインフレ中に作られた仕組みで、一般的にいえば始まった頃から受給開始になった人はもちろん、現在受給中の人々はかけた金額より平均的には高額受給となっている。

そう、あくまでもインフレを考慮した仕組みだからだ。当然資金は無くなる。

加えて、決定的に欠如していることがある。
テレビの経済関連番組でもただの一度も見聞きしたことがないことが、金融機関など処理に関する手数料のことなのだ。

年金や公債でもその事務を取り扱う人々や施設がある。当然だが、作業や光熱費、施設等の減価償却費が必要になるが、そうしたお金も利子などから頂かないといけない。

これもかなりの金額になるが、語られたことがない。

こんなことを政治家、まして経済学者が分からないはずがない。

大借金の問題を目をつぶって未来の世代に先送りしているのだ。

同じことが、原子力発電所にもいえる。高レベル放射性廃棄物は、原理的に10万年以上(1万~100万年の説も)経過しないと安全にならないというとんでもないことをこれも未来の世代に先送りしているのだ。

いいかえれば「未来がどうなろうと知ったことではない!」という政治なのである。

まだ気になることがある。
50年ほど前、近くの川に5~6人が乗った小舟で漕ぎ出し浅瀬で川底のしじみをざるですくい、不要な小石の幾つか取り出すことを3回ほど繰り返すと同船した全員の家族のしじみ汁が数日食すだけ採取できた。

また、その頃は海辺に行けば魚がいくらでも釣れた。

どちらも今は激減し、東九州でもトップクラスの魚市場は今は見る影もないほど。特に私の大好きなエビ類は、幾つもの漁港があるわが町なのに、スーパーでは何と国外産のものしか入手できない!

アメリカは医療保険問題により、現地時間の10月1日から多くの政府機関が閉鎖や業務停止という不安定な政治情勢の中なのに、連邦債務が10月17日頃に法律で定められた上限に達し、議会次第では債務不履行(つまり借金を返さない)になるかもといわれている。

アメリカの場合は日本と異なり、債務に上限があるためではあるが、日本も他人ごとではないのである。
借金を生産する方法はふたつ。ひとつは返済すること。だが今の日本で可能とは到底思えないひ現実的な巨額な金が必要となる。
もう一つは債務不履行、つまり破綻処理である。けれども経済は大パニックになる。

いずれも怖くて手が出せない。こうしたこともあって日本を含め世界的な危機が近いうちに訪れるのは間違いない。

私の予測で後数十年もたいないだろう。
いったん壊滅的な経済社会が登場するだろうが、DNA宇宙移転計画には時期早々だとは思うが・・

いずれにせよ、テレパシー(無線LAN)とか無謀な赤字国債、DNA宇宙移転計画などは、容易に想像ができるはずのものだけど、DNAは故意にスイッチオフにしているのではと思ってる。

けれど、スイッチオンになるのはそう遠い未来ではないだろう。

2013.10 アップ