ハードディスクとファイル1
WINDOWSファイルシステム
ハードディスクのどこに何のファイルがあるのか、その情報を記録するのがファイルシステム


WINDOWSで使われるファイルシステムの種類

各バージョンで使用可能なファイルシステム
WIN95 WIN95 OSR2 WIN98 WIN ME WIN NT4.0 WIN2000:WinXP
FAT16
FAT32 × ×
NTFS4 × × × ×
NTFS5 × × × × SP4以降

ファイルシステムで管理可能なディスクサイズ(1ドライブ[=1パーティション]につき)
ファイルシステム 1ドライブの最大サイズ 最大ファイルサイズ 備   考
FAT16 2G(ギガ)バイト 2G(ギガ)バイト NT・2000で利用の場合、
最大4Gバイトのドライブサイズ可能
FAT32 2T(テラ)バイト 4G(ギガ)バイト 2000で利用する場合、
最大32Gバイトのドライブサイズ
NTFS4および5 2T(テラ)バイト 2T(テラ)バイト

注、1ドライブの最大サイズは、理論上でOSが扱える最大値であり、実際にはそのパソコンのスペックにより、ハードディスクそのものが 4GB、8GB、32GB などしか搭載できない機種もあります。

注、2Tバイトは約1000Gバイト。

特徴
FAT16 パーティションサイズが最大2ギガバイトしか使えないので、
現在(2001年)のような10Gバイト〜100Gバイトなどのハードディスクには不向きになった。
FAT32 WIN95OSR2(最初のものではありません)以降のWINDOWSで使用可能。
NTFS4 NT3.1から使い始めたファイルシステム。

デュアルブート(CドライブにWIN MEなど9X系WINDOWS、DドライブにNT系(2000含む))使用時
9X系からNTFSにアクセスできない。

ユーザごとに、ドライブ、フォルダ、ファイルにアクセス権限を与えることが可能でセキュリティが高い。
NTFS5 WIN2000から使われだしたもので、NTFS4より以上にセキュリティが高い。


FAT は File Allocation Table の略
NTFS は New Technology File System の略
WIN9x系とNT(2000含む)のデュアルブート
デュアルブートとは、CドライブにWIN98、DドライブにWIN2000をインストールするなどのことを言います。

WIN95とWIN-MEなどいわゆるWIN9x系のみ、またはNT系のみの組み合わせをデュアルブート出来ません。
(NT4とWIN2000、出来なくは無いですがトラブルの元になったりします)
WIN9x系とNT系の組み合わせになります。(同一系では無意味ですね(^○^))

デュアルブートすると起動時にW98、W2000のどちらを自動的に起動するか、の設定が出来ます。
この情報はCドライブのルート上にある「
boot.ini」という情報ファイル(テキスト形式)にあります。

また、この時、起動はNTが最小起動し「boot.ini」の設定にしたがい、この選択画面になります。

したがって、セイフティモードはNT系の起動になり、W9x系のセイフティモードでの起動は出来なくなります。

また、通常はFAT側からNTFSにアクセスできない。そのドライブの認識もしない。
(通常は出来ないけれど、一部のNTFSは株エージテックのWinternals NTFS for Win98
Winternals NTFSDOS Professional
(どちらもベクターにあります)を使えばアクセス可能になるようです。)


その為、CD−ROMや外部記憶装置のドライブ名が変わってしまうため、データベースアプリケーションを両者で使う場合不都合が生じます。
デュアルブートのメリットとデメリット
メリット

市販のパソコンの多くは、WIN9x系がプリインストールされています。
こちらの方がより多くのアプリケーションが使えます。
特にゲーム系やユーティリティのアプリケーションはNT系で使えないものが多いのです。

でも、WIN9x系OSは不安定ですし、セキュリティも弱いのです。
フリーズ(キー操作が全く出来なくなる)や一般保護違反(アプリ間でメモリーの共有違反)を起こしやすいのです。

その点、WIN NT4は抜群の安定性があります。
メモリー管理が徹底的になされている感じです。

また、完全32ビット化されていますので起動時間が短いという利点も有ります。

さらに、WIN98側に1−2−3R5Jを、WIN2000側に1−2−3−2000などの新旧バージョンのアプリケーションを搭載しても、その事によるトラブルが生じることはありません。
データファイルのバックアップも、どちらのOSからでも可能です。

注:Win9xとは、Win95、Win98、WinMe のことをいいます。

デメリット
NT4はFAT32が使えません。
ですから、6ギガを越すような大容量ハードディスクでの共有は不向きです。

使えないアプリケーションやデバイスドライバが数多く存在します。
私の場合、WIN98搭載パソコンをNT4はパソコンのデバイスを認識しなかったので搭載できなかったし、WIN2000デュアルブートの成功はしましたが、WIN2000側で内蔵モデムと音源は使えません。
(現時点でのメーカーサポートが無いため)

また、例外はありますが、基本的に同じアプリケーションを両方に搭載する必要があります。
例えば、IEをWIN98側にもWIN2000側にも搭載したりします。

さらに、NT系は業務用ですから各種設定も複雑です。


以上のようにデュアルブートにはメリットとデメリットがあります。

個人的見解ですが、お仕事系で使用するならNT4+NTFS。
今後に、お仕事にもお遊びにも使うならWIN2000+FAT32。

昔のアプリも全て使ってみたい、って時に(WIN98+FAT16)+(WIN2000+FAT32)デュアルブートかな?
注、昔のアプリでFAT32を認識できないものがあります。