マイクロソフトワード2000超初級講座目次 トップへ

ワープロ機からパソコンへ移行 マイクロソフトワード2000超初級講座実技編
超初心者ワープロ講座
(研修用資料兼用)
ワープロの起動 17 表の入力と列幅変更
超初級講座のための準備 ワープロの画面 18 表のプロパティ
最初の画面(名前の勉強) かな漢字シスをATOK形式に設定 19 図の挿入
タスクバー キーボード記号の読み方 20 ページ全体のレイアウト
1、自分の好きなソフトウエアが大量にかつ自由に選べる キーボードの名前 21 印刷設定と印刷
2、複数のプログラムが同時に使える(相互活用が出来る) 文字の入力 22 スクロールバー
3、共通の操作が可能 文字の変換_1 23 ワードサンプル1
3の2、共通の操作などが可能 文字の変換_2 24 ホームページ形式に変換
3の3、共通の操作が可能 文字の編集とカーソルの移動 25 ファイルの保存
10 4、マウスが使える 10 文字の修正 26 フロッピーディスクに保存
11 5、通信機能が使える 11 文字の書式 27 ファイルを開く(文書を読み込む)
12 6、機能がアップ 12 文字の装飾 28 ファイル削除
13 6の2、機能がアップできる2 13 文字列の配置 29 一応の終わり
14 7、プログラムやソフトウエアを自分で作成できる 14 文字の装飾
15 8、パソコンは難しい 15 文字列の配置
16 最後に 16 表作成と文字入力